税金対策

銀行が貸したい会社

お世話になっております
株式会社NKFコンサルティングです

中小企業、個人事業主の経営者であれば、資金が必要になる場面が突然訪れることは珍しくありません。しかし資金繰りの正しい知識がないと、銀行からの融資を断られたり、今後に不利益になってしまうこともあります。

今日のブログは【銀行が貸したい会社】についてです。

銀行融資を受けやすくする3つの条件

金融機関は「返済が滞りそうな企業や個人」には融資はしません。
面談を行い厳正な審査を通過した時にはじめて融資を行います
金融機関にとって「貸したい会社、貸したくない会社」があるという事実がありますが、
前者の銀行が融資したい企業に近づければ融資は受けやすくなりますが、その条件を3つ説明いたします

①お金がある会社

→昨年の申告書及び申込時の試算表の現預金の欄で確認されます。

②取引実績がある会社

新規の申し込みよりも銀行通帳を持っているところや過去に借入の実績など、多少の取引実績があるところで申し込みをするとすんなり話はすすみやすいです。

③他行に評価されている会社

新規であったとしても、既に他行で保証協会経由でも借入されている場合は、比較的新規行でも借入の話はすすみやすくなります。

まとめ

銀行からの借入を行っている、もしくは、行う予定の場合は各銀行の特徴などを把握してしっかりと計画的に勧めていくのが有利に融資を受ける方法です。

銀行の付き合い方や決算書の見せ方、調達力アップのことなどでお悩みの方はご連絡ください。