税金対策

社会保険料の節約

給与明細を見たときに「意外と社会保険料って給料から引かれているなあ」と思ったことありませんか?
社会保険の計算は複雑なので、知らないで損をしていたこともあるかもしれません。

そこで今回は、たった2つの事で社会保険料の節約ができる方法をご紹介します。

決算時のタイミングで役員報酬の月額を下げる。

実は決済時のタイミングで役員の報酬を下げる事で社会保険料を節約することが可能になります。

理解するのが難しい役員報酬ではございますが、特に個人事業主から法人成りしたばかりの経営者にとって役員報酬の設定は難題であり、せっかく設定した役員報酬であっても見直したい場合が出てくることがあります。

しかし、役員報酬は変更についても様々な条件もあり、好き勝手に変更すると
余計な不利益を被ってしまう可能性がありますのでご注意下さい。

決算時のタイミングで役員賞与の決定を行う。

臨時的に支給されるもので退職給与以外のものを「役員賞与」といいますが
これを決済時のタイミングで決定することで、社会保険料の節約が出来る事があります。

役員報酬や役員賞与については法人税法で厳しく条件が設定されていますので、ご注意下さい。

事例

(例)
・月収100万で年収1200万の方
→毎月約21万円ほどなので年間で252万円支払う。

・月収5万と賞与1140万の年収1200万の方
→毎月約22000円と賞与時に84万円なので、年間で110万支払う。

結果:142万円賞与で貰っている方が手取りが多くなります。

まとめ

社会保険料を節約したいと思った場合、
「決算時のタイミングで役員報酬の月額を下げる」こと「決算時のタイミングで役員賞与の決定を行う。」

たった、この2つの手順で大幅に社会保険料は節約できます。

計算方法など複雑な点なども御座いますので、一度弊社にお気軽にご相談下さい。