お知らせ

法人化のデメリット

お世話になっております。
株式会社NKFコンサルティングです。

今日のブログは【法人化のデメリット】についてです。

デメリット① 赤字でも税金の支払いがある

個人事業主であれば、赤字経営の場合には所得税や住民税の負担はありませんが、法人に課される法人住民税は、赤字であっても発生します。
小規模法人の場合で7万円ほどが目安です。

デメリット② 社会保険への加入が必須

健康保険や厚生年金は法人化によって強制加入することになりますので、人件費の負担が重くなることがデメリットです。

デメリット③ 会計や事務手続きなどが増える

個人事業主の場合、税務申告や会計処理を行う人も少なくありません。
しかし、法人化すると会計処理が複雑化するため、自分でやるのはかなり困難です。税理士や公認会計士に委託することで、コストが発生することがデメリットになります。

デメリット④ 交際費が全額損金に参入できない

個人事業主の場合、交際費は全額経費計上できます。
しかし、法人の場合は交際費のうち、年間800万円までしか経費計できません。