お知らせ

法人化のメリット

お世話になっております。
株式会社NKFコンサルティングです。

今日のブログは【法人化のメリット】についてです。

メリット① 節税対策になる

法人の利益に掛かる法人税はほぼ一律で全て合わせてだいたい30%ほどです。
一方、個人の場合、所得に対して課税される所得税は、所得が増えるほど上がっていき、税率は最高で40%です。
また、住民税も支払うことを考慮すると年間の所得が500万円を超えると、法人化した方が節税になるケースが出てくるのです。

メリット② 有限責任にできる

個人事業では、経営が悪化した際に仕入れ先への未払い金や金融機関などからの借入金、滞納している税金などは個人の負債として背負うことになります。
一方、法人化して株式会社や合同会社にした場合には、出資金の範囲内での責任になります。

メリット③ 信用力が上がる

一般的に個人よりも法人の方が信用度が高く、法人化することで取引先を確保しやすくなり、取引先の幅が広がります。
また、金融機関からの借入を行う際にも個人では事業目的の融資は受けにくいですが。法人化することで信用力が上がり、金融機関からの融資など、資金調達がしやすくなります。

メリット④社会保険へ加入できる

国民健康保険や国民年金よりも補償が手厚いため、法人化によって社会保険に加入できることはメリットになります。

よろしくおねがいします。