お知らせ

アフターコロナの財務管理

株式会社NKFコンサルティングです

今回はアフターコロナに向けての財務管理の資金繰りについてです。

テーマ①は調達です。

大きいもので持続化給付金、日本政策金融公庫・保証協会などからの無利子・無担保・無保証融資などはお受けになられてますでしょうか?
細かいところでいえば、休業支援金、休業外支援金や雇用調整助成金など。多種多様ですが。
とにかくまず調達してもらうことが肝心になります。

テーマ②は延滞・減額です。

税金、家賃、社保などコロナ関連で特例措置などもありますので、遅らせても問題ないものは全て送らせましょう。
銀行返済のリスケ、国税・固定資産税の猶予や社会保険料の猶予、地代家賃の減額などです。

テーマ③は確保です。

自社の固定費です。
自社の固定費が月いくらぐらいかかっているかなど正確に把握できてますでしょうか?
まずその把握からですが、今回のご融資などで、その固定費の半年分の確保を行ってください。
どのような業界でも影響は少なからず出ると思いますので、いざという時のためです。

まとめ

儲かった業界やかなり先行きの見えない業界など、業界によってもバラ付きはあると思いますが、上記③までやっていただくと現状の資金繰りの実態が把握できアフターコロナ対策の第一歩となります。